SEO王キング

Googleウェブマスターツール 相互リンクのSEO ソーシャルブックマーク はてなブックマークのSEO RSSアクセス解析 モバイル 携帯SEO Yahooサイトマップ送信 儲かるアフィリエイト フリーブログ アメーバ FC2紹介を解説

サイト内検索

カテゴリ

最新記事

タグリスト

実践 タイトル 理論 ソーシャルブックマーク SEO ソーシャルメディア SMO Yahoo!カテゴリ 理論 Google 実践 ユーザービリティ SEO アンカーテキスト 検索エンジン最適化 リンクベイト コンテンツ作成 情報 description 実践 タイトル ユーザビリティ 理論 情報 ブログ 購読数 実践 ドメイン ブログ 情報 アフィリエイト Google 実践 相互リンク FeedBurner RSS nofollowタグ ソーシャルサービス 情報 ソーシャルサービス キーワード 実践 携帯 メール 実践 相互リンク アドセンス 

月別

08  07 

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Googleアドセンスでしてはいけないこと

2009/08/07(金) 20:25:55

Googleアドセンスは、規約が厳しく違反があるとアカウント削除や広告配信を停止させられてしまいます。


自己クリックなど悪質な違反ではアカウント削除をされてしまうケースが多いようです。


軽い規約違反では、メールで警告をされる事もあります。メールチェックは大切です。


違反した場合、Adsenseのアカウントは削除されて未払いの収益が没収されてしまいます。



許可されていないコンテンツ
成人向けコンテンツ、ギャンブルに関するコンテンツ、ドラッグに関するコンテンツを含むコンテンツ。


過度の不適切な表現、その他公序良俗に反する表現を含むコンテンツ。


ラベル違反
広告の見出しとしてコンテンツの一部であるかの誤解を与えたりするケースです。


たとえば、お気に入りやリンク集と広告ではないように見せかけることです。


スポンサードリンクといった広告と判る表記ならOKです。「広告の近くへの画像配置」もラベル違反に含まれます。


その他にも、Adsense広告をページ上のコンテンツのように見せたり、他の広告をAdsenseのように見せる事も禁止されています。




クリック誘導
クリックしてくださいや、ご協力をなどの文字を、広告の前後左右に表示する事は禁じられています。


ブログランキングのクリック誘導の文面でも警告される場合もあります。


広告に興味を持ったユーザーにクリックしてもらう必要があり、不正クリックは広告費用を増やすことになり、アカウントが無効になる可能性が高くなります。


広告を誤ってクリックするように仕組んだトリック、不正行為を使用しているサイトは禁止されています。



コンテンツ不足や広告過多
コンテンツがないページにはアドセンスを表示するのはいけません。アフィリエイト目的の広告過多のページは厳しい対応になりえます。


広告コード改変
コードを生成した後は、コード位置を変更したり、レイアウト、動作、ターゲット、広告掲載を変更してはいけません。


アドセンスコードを書き換えるのはいけません。そのまま張りましょう。



自分でクリックする
ホームページの管理者が自分自身で広告をクリックしてはいけません。


アドセンス広告は、クリック単価が高いことから、様々な危険にも晒されています。人を雇ってクリックさせたりなどの偽装クリックが行われることがあります。


不正なクリックが横行すれば、アドセンスの存在が危うくなり、審査が厳しくなったり、広告が廃止されることもありえます。



競合するテキストマッチ広告
ユーザーの混乱を回避するため、Google の広告、検索ボックスと同じレイアウトや色を使用している広告やサービスが表示されるサイトではGoogle の広告または検索ボックスを表示できません。


無料サービスでデフォルトで似た広告が出てしまう仕様では使えません。



Google商標保護
Googleの商標、ロゴ、スクリーンショットを許可なしに使用することはできません。


AdSenseに貼ったページにこれらのものを使うには、使用許諾申請から許可を申請して許可を得る必要があります。


1ページに設置できる広告数
広告ユニット、リンクユニットは各ページに3つまで表示できます。検索ボックスは各ページに 2 つまで表示できます。


紹介プロダクト、サービスの紹介ユニットは、上記の広告に加え、各ページに2つまで表示できます。
スポンサーサイト
未分類

質の高いコンテンツ、文書の書き方

2009/08/05(水) 18:55:16

ユーザーはWebサイトを訪れる際に目的を持っています。情報を取得したい、サービスを利用したい、気分をリフレッシュしたいなどの目的です。


そういうコンテンツは利用したいという動機を生み他者とシェアしたいという動機も生まれます。


ユーザーにとって魅力的で有益なコンテンツを作ることがもっともアクセス向上につながります。


ユーザーは良いコンテンツに出会うと紹介してくれ、この口コミこそがサイトの評価を高める要素であり、これは質の高いコンテンツなしにはあり得ません。


更新頻度を保つために、テーマと関係の無い記事や、質の低い記事を増やすのはサイトの質を低下させます。


統一された質の良いコンテンツを用意すべきです。多くの人々に支持され、多くのリンクが得られれば結果として検索エンジンにも高く評価されます。


頻度は高いほど人は来やすくなります。特にブログ開設当初の露出優先時期においてはサイトボリュームを増やすためにも毎日更新した方が良いでしょう。


また、訪問者の無駄足をなくす為にも投稿予約などで決まった日時に更新した方が良いかもしれません。


訪問者に興味が沸かない、役に立たない記事は訪問者を遠ざけます。頻繁に更新され、訪問者を飽きさせず、掲示板のように再訪問率の高いコンテンツは好まれます。


読み手の予想を裏切らない展開が大事です。読み手にストレスを与えない文章を心がけましょう。


訪問者の視点で読みやすいか、理解しやすいか、テーマに統一性はあるか、誤字や脱字はないか情報に間違いはないか確認します。
未分類

良い相互リンク先の見つけ方

2009/08/05(水) 18:54:45

相互リンクする際チェック項目
関連性の高いサイト同士の相互リンクはSEO効果が高いと考えられます。


ナチュラルリンクをもらうのが最も良いのですが、SEO対策として相互リンクを行うのは有効です。


効果の高い相互リンクサイトを探すには、関連性が高いサイト、信用のあるサイト、高ランクのページ、ページ内リンク数が少ない点に注意します。


全ての項目を満たしていれば優良な相互リンク先です。
未分類

儲かるアフィリエイトはなに?

2009/08/05(水) 18:54:02

FXは現在は儲かると言われています。


クレジットカードは以前に比べて報酬は望めません。


ゲーム系はクリック単価が低いです。


IT系はアクセスは集まり易くクリック率は低いです。


動画サイトはクリック率が低いです。


Webサーバー系はクリック単価が高いです。


美容系はクリック率も良く単価もそこそこです。


住宅関係は単価は高いです。


出会い系は高単価で無料登録だけで千円程度の報酬で大きな成果をあげられる可能性があります。
未分類

独自ドメインと無料サービス

2009/08/05(水) 18:53:14

アクセスアップやリンクを得るにはブログが効果的ということは、ブロガーなら誰もが知っていることですが、独自ドメインではなく無料ブログで書いている方も多いと思います。


無料ブログでは、独自のリンク機能により開設直後にアクセスが見込める一方でデメリットもあります。


広告先にリンクジュースが奪われる、アカウント削除やサービス終了の可能性、競合する同じテーマのブログの方が検索で先に表示されやすいなどです。
未分類
ホーム記事一覧次のページ >>

QRコード

QRコード

RSS

フリーエリア

. .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。