FC2ブログ

SEO王キング

Googleウェブマスターツール 相互リンクのSEO ソーシャルブックマーク はてなブックマークのSEO RSSアクセス解析 モバイル 携帯SEO Yahooサイトマップ送信 儲かるアフィリエイト フリーブログ アメーバ FC2紹介を解説

サイト内検索

カテゴリ

最新記事

タグリスト

実践 タイトル 理論 ソーシャルブックマーク SEO ソーシャルメディア SMO Yahoo!カテゴリ 理論 Google 実践 ユーザービリティ SEO アンカーテキスト 検索エンジン最適化 リンクベイト コンテンツ作成 情報 description 実践 タイトル ユーザビリティ 理論 情報 ブログ 購読数 実践 ドメイン ブログ 情報 アフィリエイト Google 実践 相互リンク FeedBurner RSS nofollowタグ ソーシャルサービス 情報 ソーシャルサービス キーワード 実践 携帯 メール 実践 相互リンク アドセンス 

月別

08  07 

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ユーザビリティとは

2009/08/05(水) 18:52:42

ユーザビリティとはサイトがユーザーにとって使いやすく設計されていることです。


目標を達成するまでに費やす労力が少ないことも大事です。


ユーザーはわかりにくい部分があれば目的を達成できないかもしれません。


シンプルに構成されていればこのような事は最小限に抑えられます。


一方でユーザビリティを向上させても、そのサイトから得られる物がなければ離れてしまいます。


まず自サイトの特徴を確認して優先して取り組むべき事項は何かしっかり考える必要があります。
スポンサーサイト
未分類

Google検索エンジン対策

2009/08/05(水) 18:42:56

nofollow属性
Googleの発表(2009/6)では、nofollow属性のついたリンクのリンクジュースは温存できないようにアルゴリズムは変更されました。


本来、質の高いはずのページにリンクジュースが渡されないという理由からです。


リンクジュースを渡したくないリンクにはこれまでどおり有効ですがその分のリンクジュースは保存されません。


以前は中小検索エンジンへの一括登録は、検索順位を下げるという意見が一般的でしたが、Googleはこれがスパムにはならないと明言しました。


米Google社員から、スパムリンクを受けることでの順位低下はなく、スパムサイトへのリンクも順位を下げないと回答がありました。


リンクパターンを検出するアルゴリズムが採用されているようです。


理由は、どんなサイトからリンクを受けるのかを管理者が制御できない為です。


たとえば無名サイトが大手メディアで紹介され短期間で多くのリンクを得た場合などはスパムになりません。


Googleはリンク元ページとの関連性によりウェイトを置くようになっています。


重複コンテンツやコピーサイト
RSSやソーシャルサービスにより外部サイトにコンテンツが掲載されるケースが増えています。


たとえばRSSフィードがそのまま転載されるケースやソーシャルブックマークによる抜粋です。


Googleのスパム対策チームは、重複コンテンツはユーザーの利便性を考えた上での対応でありスパムではないと見解を示しています。


Googleはコンテンツのオリジナルを識別して重複するコンテンツが検索結果に表示されないようにしています。


しかしオリジナルで無いものが検索上位にきてしまう場合もあります。


コピーサイトが上位に表示される場合の対処法
提供元サイトにリンクを張ることで検索エンジンはオリジナルを識別します。


ソーシャルサービスでは専用タグにより引用させないようにも出来ます。


悪質コピーサイトは法律問題として警告する対処をするのがいいでしょう。


無視されたならプロバイダ、検索エンジンに著作権を侵害されていると訴えましょう。
未分類

リンクベイト-関心をひくコンテンツ作成

2009/08/05(水) 16:45:55

リンクベイトは人々の関心をひくコンテンツのことです。


興味や関心をユーザーに感じさせリンクしてもらうよううに仕向けるテクニックの事をリンクベイティングといいます。


意外性があり人と共有させたくすることが目標です。


ネタを見つけてくること
独自の視点を持ったブロガはそれだけで注目されます。いち早く反応して記事を書けるということも大切です。


新しい視点をユーザーに与えるだけで十分に価値があるのです。


宣伝すること
記事をどれだけ目立たせられるかです。タイトルの付け方次第でクリック率はずいぶん違ってきます。

感心させること
一番大切なのは人を感心させることです。どれだけ話題を膨らませられるか、どれだけ分かりやすくテーマを伝えられるか、ユーモアのある文章を書くことが大切です。


特に良質なリンクを集める効果的なターゲットは次のようなものになります。


サイトと関連したサイトを運営している人

サイトと関連したテーマの有名人や有名ブロガー

サイトと関連したテーマに関心のあるクリッパー

上記の人々に特化したリンクベイトを作り出すことで良質なリンクが集まります。


彼らが喜びそうないアイデアが生まれれば成功したも同然です。


あとは情報を集めどう構成するかかです。ネタ集めはブログ、ウェブ検索で探します。


ターゲットの属性を念頭に置いて興味や欲求を持たせていかに心を動かすかを意識します。


ターゲットを笑わせたり、怒らせるといった感情に訴えかけることです。


ほかにも次のような手法があります。


新鮮な情報
とにかく新しいネタを提供します。他にない情報を真っ先に公開します。


クオリティが落ちてもスピード重視でアップしたほうがアクセスを呼び込めます。


マイナーなキーワード
ほとんどそのキーワードについて解説しているサイトが存在しないものを紹介します。


調べている人から連絡がもらえ情報交換や知り合いになれるというメリットがあります。


とにかく新しいものに興味を持ったらサイトを立ち上げます。


人々の役に立ちそうな情報をまとめる
まとめページを作ります。また使うかも、あとでゆっくり読もうと思ってもらえるようにします。


よくある例では事件を時系列にまとめたサイト、役に立つ便利なツールを紹介などです。


奇抜な情報を発信する。

オリジナルコンテンツを発信する。

とにかく煽る。

裏ネタ情報など普通では入手できないネタを流す。

体験談を多く発信する。キワモノ商品の紹介など。

ポピュラーな製品や有名ブロガーに対して証拠を元に反対表明や攻撃を行う。

YouTubeで見つけたおかしな動画や変な画像などを元に愉快な話題を振りまく。

常識や固定観念を覆すような事実で話題を振りまく。

知らないと損するといった無知に対する危機感を煽る。

新しい製品を餌に面白おかしくレビューする。

流行のサービスや場所に便乗するレビューをする。

元のニュース以上に釣りとしての味付けを加える方法。
未分類

有効なタイトルの付け方

2009/08/04(火) 23:40:11

タイトルは検索結果からの訪問を高めるための工夫として重要です。


魅力的なタイトルで検索者の興味を惹きつけられれば高い確率で訪問して貰えます。


ページタイトルを付けるときはページの内容と関連性が深いタイトルを付けるようにしましょう。


ソーシャルメディアにおける露出が話題になる現在では、再利用されやすいタイトルを用意し、コンテンツの魅力を伝えることは大切なことです。

またタイトルによって内容が固定されてしまうと興味のない人には訪れて貰えないかもしれません。


幅広い読者に読んでもらいたいならインパクトを重視するというテクニックもあります。


サイト名は覚えやすく、内容がわかり、検索の競合が少なく、インパクトがあるものにします。


タイトルにインパクトがあったほうが再訪問率は良くなります。


たとえば「内職でアルバイト」などはよくありません。


他サイトと同じようなタイトルをつけると、間違って他サイトに飛んでこっちの方が良いなどと考えてしまう事もあります。


記号や顔文字を使って過剰な装飾はやめましょう。
SEO 検索エンジン最適化

SEO 検索エンジン最適化とは

2009/07/30(木) 17:34:20

ロボット型検索エンジンからのアクセスアップを目的に、サイトが検索上位に表示されるようにソースやリンクを最適化することです。


上位表示を決める最も大きい要因はサイトの品質であるため、SEO対策のみでは十分とはいえません。


優れたコンテンツでンクを獲得して検索順位を上げる事が最も大切です。

同じドメインやサイト内に有益なコンテンツがある場合、同じキーワードで最適化してしまうと検索に表示されないということが起こります。


サブページのキーワード選定に注意しましょう。無料ブログでも同様にキーワード選定に注意します。


たとえば無料ブログのタイトルに内職で副収入、というのは良くありません。競合するブログが優先されて表示されてしまいます。


SEOの定石としてサイトボリュームを増やして多くのページをインデックスさせることがあります。


サイトボリュームを増やすメリットは、ページ内テキストで自然に様々なキーワードが使われ、ロングテールとなるスモールキーワードでのアクセスアップが期待できます。


内部リンクにおいても関連性の高いページからのリンクが評価されるので、トップページへのリンクが関連性の低いものになるのはSEOの効率としては悪くなります。


検索結果の上位を獲得するための最も重要な要素は被リンクの構築です。


全くあたらしい分野のキーワードを狙うよりも、すでにトラフィックを得ているキーワードに関連するキーワードを加えほうが上位表示を狙いやすくなります。


過去のデータだけでなく旬のキーワードや新しいキーワードを探すことも大切です。
SEO 検索エンジン最適化
ホーム記事一覧

QRコード

QRコード

RSS

フリーエリア

. .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。