FC2ブログ

SEO王キング

Googleウェブマスターツール 相互リンクのSEO ソーシャルブックマーク はてなブックマークのSEO RSSアクセス解析 モバイル 携帯SEO Yahooサイトマップ送信 儲かるアフィリエイト フリーブログ アメーバ FC2紹介を解説

サイト内検索

カテゴリ

最新記事

タグリスト

実践 タイトル 理論 ソーシャルブックマーク SEO ソーシャルメディア SMO Yahoo!カテゴリ 理論 Google 実践 ユーザービリティ SEO アンカーテキスト 検索エンジン最適化 リンクベイト コンテンツ作成 情報 description 実践 タイトル ユーザビリティ 理論 情報 ブログ 購読数 実践 ドメイン ブログ 情報 アフィリエイト Google 実践 相互リンク FeedBurner RSS nofollowタグ ソーシャルサービス 情報 ソーシャルサービス キーワード 実践 携帯 メール 実践 相互リンク アドセンス 

月別

08  07 

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Google検索エンジン対策

2009/08/05(水) 18:42:56

nofollow属性
Googleの発表(2009/6)では、nofollow属性のついたリンクのリンクジュースは温存できないようにアルゴリズムは変更されました。


本来、質の高いはずのページにリンクジュースが渡されないという理由からです。


リンクジュースを渡したくないリンクにはこれまでどおり有効ですがその分のリンクジュースは保存されません。


以前は中小検索エンジンへの一括登録は、検索順位を下げるという意見が一般的でしたが、Googleはこれがスパムにはならないと明言しました。


米Google社員から、スパムリンクを受けることでの順位低下はなく、スパムサイトへのリンクも順位を下げないと回答がありました。


リンクパターンを検出するアルゴリズムが採用されているようです。


理由は、どんなサイトからリンクを受けるのかを管理者が制御できない為です。


たとえば無名サイトが大手メディアで紹介され短期間で多くのリンクを得た場合などはスパムになりません。


Googleはリンク元ページとの関連性によりウェイトを置くようになっています。


重複コンテンツやコピーサイト
RSSやソーシャルサービスにより外部サイトにコンテンツが掲載されるケースが増えています。


たとえばRSSフィードがそのまま転載されるケースやソーシャルブックマークによる抜粋です。


Googleのスパム対策チームは、重複コンテンツはユーザーの利便性を考えた上での対応でありスパムではないと見解を示しています。


Googleはコンテンツのオリジナルを識別して重複するコンテンツが検索結果に表示されないようにしています。


しかしオリジナルで無いものが検索上位にきてしまう場合もあります。


コピーサイトが上位に表示される場合の対処法
提供元サイトにリンクを張ることで検索エンジンはオリジナルを識別します。


ソーシャルサービスでは専用タグにより引用させないようにも出来ます。


悪質コピーサイトは法律問題として警告する対処をするのがいいでしょう。


無視されたならプロバイダ、検索エンジンに著作権を侵害されていると訴えましょう。
スポンサーサイト
未分類
ホーム記事一覧

QRコード

QRコード

RSS

フリーエリア

. .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。