SEO王キング

Googleウェブマスターツール 相互リンクのSEO ソーシャルブックマーク はてなブックマークのSEO RSSアクセス解析 モバイル 携帯SEO Yahooサイトマップ送信 儲かるアフィリエイト フリーブログ アメーバ FC2紹介を解説

サイト内検索

カテゴリ

最新記事

タグリスト

実践 タイトル 理論 ソーシャルブックマーク SEO ソーシャルメディア SMO Yahoo!カテゴリ 理論 Google 実践 ユーザービリティ SEO アンカーテキスト 検索エンジン最適化 リンクベイト コンテンツ作成 情報 description 実践 タイトル ユーザビリティ 理論 情報 ブログ 購読数 実践 ドメイン ブログ 情報 アフィリエイト Google 実践 相互リンク FeedBurner RSS nofollowタグ ソーシャルサービス 情報 ソーシャルサービス キーワード 実践 携帯 メール 実践 相互リンク アドセンス 

月別

08  07 

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

SMO、ソーシャルメディア最適化とは

2009/08/05(水) 18:41:10

ブログや掲示板やSNSといったユーザが情報を発信するソーシャルメディアを通じてサイトの評価を向上させることです。


人々は多くの時間をソーシャルメディア系サイトでのコミュニケーションに費やしており、そこでの評判がアクセスに大きな影響を与えるようになっています。


リンクしやすくする
リンク用のHTMLが用意されていたり、相互リンクのためのフォームが用意されていたり、サイト内のページがテーマごとに整理されていれば参照しやすくなります。


さらにソーシャルブックメディア用のリンクを用意して簡単にコンテンツを広められるようにしましょう。


そうすればコンテンツを広めてくれるユーザーの割合が高まります。


ソーシャルブックマーク、RSSの登録ボタンの設置
RSSの登録とソーシャルブックマークはアクセスアップの底上げに欠かせません。


サイトの更新を訪問者が自動的に受け取れるようにします。RSSフィードをチェックするユーザーは質が良く他所でも取り上げてくれます。


ソーシャルブックマークはweb上で共有されSEO効果が望めます。


外部へのリンクやコメント
有益な記事や共感できる記事へのリンクは積極的に行います。他人のブログ記事にリンクを貼ったらコメントを残す事も大事です。


これにより交流やリンクをしてもらいやすくなります。ブログや掲示板やQAサイトへのコメントも意味があります。


情報の発信源になる
ユーザーに役立ちそうな情報を見つけたら、リンクしてユーザーの役に立ちましょう。


コミュニティ内の情報発見者として認められサイトへのリンクが増えます。


大手ディレクトリへ登録
大手ディレクトリに掲載されれば、ユーザーがあなたのサイトを見つける確率が上がります。


ニュースサイトにトラックバック
ニュースサイトの記事を超える価値を与えることが大切です。


ブログコミュニティへ参加
ブログコミュニティやブログランキングへの参加でアクセスアップが見込めます。


コンテンツに旅をさせる
サイトの外でも利用できるコンテンツは関連サイトに登録しましょう。動画ならYouTubeなどです。

スポンサーサイト
未分類

ユーザービリティ具体的対策

2009/08/05(水) 18:40:21

トップページから全てのページに3クリック以内で到達できるように設計します。


すっきりとして印象的なデザインは有効です。サイトのデザインは精読率、ブックマーク数、被リンク数に影響します。


カテゴリ分け、タグ付け
開設時に細かくカテゴリ分けします。記事が増えてからでは労力がかかります。


多すぎ少なすぎは良くありません。10ぐらいが良いでしょう。別のキーワードでタグ付けもします。


関連記事の表示
記事と関係のある関連記事を表示します。ユーザーに関心ある情報ならばより満足して貰えます。


記事中で関連記事の紹介も効果的です。


最新記事一覧
最新記事の表示があるときちんと更新しているかどうかの判断にもなります。


あまり更新されていないサイトは放置サイトとみなされ再び訪れる事はなくなってしまいます。


新着情報や更新履歴でどの部分が変わったかわかるようにしましょう。


記事タイトル一覧
記事タイトルの一覧を作ろう。訪問者はタイトルを重視します。


タイトルに興味を持たれることが大切です。


サイトマップを作る
サイトマップはサイト内で迷子になったユーザー、目的の情報が見つからない人のためにコンテンツ一覧を示したものです。


サイトマップページは主要コンテンツへの全リンクを設置すること理想ですが、多すぎると扱いにくいのでリンク数を100程度にします。


例えば10万ページもあるようなサイトの場合、カテゴリ分類へのリンクに絞るなどの工夫が必要です。


リンク切れを起こさないようにします。


パンくずリストの設置
ユーザーが前のページや次のセクションやトップページにアクセスできるようにするためのリンクです。


現在のページが、サイト内のどの位置にあるかわかるようにします。


トップページを最も左側に表示させ、右に詳細なページへのリンクを掲載します。


連絡先
ユーザーがあなたに直接連絡をとりたい場合もあります。


出版や執筆などのお誘いの場合もあるでしょう。お問い合わせフォームかメールアドレスを載せましょう。


プロフィール
何について書いてあるのか?運営者はどのような人物か?という情報を公開することで、コミニケーションが活発になります。


コメントやメールが来たり訪問者が記事についての疑問や不満を解消する事ができ信頼感が高まります。
未分類

SEO 検索エンジン最適化とは

2009/07/30(木) 17:34:20

ロボット型検索エンジンからのアクセスアップを目的に、サイトが検索上位に表示されるようにソースやリンクを最適化することです。


上位表示を決める最も大きい要因はサイトの品質であるため、SEO対策のみでは十分とはいえません。


優れたコンテンツでンクを獲得して検索順位を上げる事が最も大切です。

同じドメインやサイト内に有益なコンテンツがある場合、同じキーワードで最適化してしまうと検索に表示されないということが起こります。


サブページのキーワード選定に注意しましょう。無料ブログでも同様にキーワード選定に注意します。


たとえば無料ブログのタイトルに内職で副収入、というのは良くありません。競合するブログが優先されて表示されてしまいます。


SEOの定石としてサイトボリュームを増やして多くのページをインデックスさせることがあります。


サイトボリュームを増やすメリットは、ページ内テキストで自然に様々なキーワードが使われ、ロングテールとなるスモールキーワードでのアクセスアップが期待できます。


内部リンクにおいても関連性の高いページからのリンクが評価されるので、トップページへのリンクが関連性の低いものになるのはSEOの効率としては悪くなります。


検索結果の上位を獲得するための最も重要な要素は被リンクの構築です。


全くあたらしい分野のキーワードを狙うよりも、すでにトラフィックを得ているキーワードに関連するキーワードを加えほうが上位表示を狙いやすくなります。


過去のデータだけでなく旬のキーワードや新しいキーワードを探すことも大切です。
SEO 検索エンジン最適化
ホーム記事一覧

QRコード

QRコード

RSS

フリーエリア

. .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。